人とモノを自由に選べるようになるブログ―Wait&See―

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサー広告 |

    富山県立近代美術館@富山

    8月20日は、ラーメンを食べに行った後は
    「富山県立近代美術館」へ行きました。

    ここへ来るもの何年ぶりだろう・・・。

    多分小学生以来だよね。

    月日が経つのは早いねぇ。



    よく見ると、お庭が綺麗。
    DSC01530_convert_20110822113355.jpg



    「富山県立近代美術館」。
    DSC01532_convert_20110822113424.jpg



    今回見に行ったのは、
    「20世紀美術―冒険と創造の時代」展です。

    ピカソ、ミロ、ウォーホルが駆け抜けた時代を題材としています。

    個人的には、作品の批評はあまり意味がないと思っているので
    感じたままのモノを大事にしたいなぁ。

    今回の発見としては、意外と自分は版画が好きだというコトと、
    やはり国によって色使いの特色がある(カラフルで面白い)というコト、
    私はピカソだったら昔の作品が好きだというコトだった。

    ミロの絵は不思議な懐かしさがあったな。

    最近美術館には行ってなかったから、
    充実した時間を過ごせたよ。

    こういう絵を見ていつも思うのは、
    作者の人生やその絵の時代背景、宗教について
    もう少し勉強しないとなぁというコトだ。

    仏教、キリスト教、イスラム教が少しでも分かっていたら、
    もっと深く絵に入り込めるかもしれないのになぁ・・・。

    次回美術館へ行く時までの宿題だな。



    「富山市科学博物館」。
    DSC01534_convert_20110822113501.jpg



    少し覗いてみると、内装がリニューアルされていました。

    とても綺麗になってました。

    次は絶対行くぞ!!!



    昔から当たり前のように、
    身近に近代美術館、科学博物館があった。

    小さい時は、芸術や科学もちんぷんかんぷんだったけど、
    子どもながらの感性で楽しんでたように思う。

    案外子どもの時の方が自由な発想で物事を見れるので、
    その感性には大人もビックリすることがあるんじゃないかな。

    子どもの予定は無いが、もしいつか母親になった時は、
    子どもにとって美術館、科学館が身近なモノになるように
    連れてってあげたいな。



    ランキングに参加しました。
    面白かったらぽちっと押してやってください☆


    スポンサーサイト
    Promenade | コメント:0 | トラックバック:0 |
    | ホーム |次のページ>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。